明るさと維持費の安さが魅力!LED照明を上手に使いこなそう!


明度が高く電気代が安い

LEDは元々、工場などの大規模な施設で使われていました。広い空間で長時間使い続けることを前提とした照明なので明度が高く、電力消費量が少ないのが特徴です。ほぼ同じ明度の蛍光灯と比較した場合、一時間当たりの電力消費量は約3分の1程度に留まります。同時に電気代も安く抑えることができるので、長く使い続けるほどLEDの方が得と言えるでしょう。技術の進歩によってLED照明が小型化され、一般の家庭でも使われるようになりました。LEDは約10年は明度が下がらないと言われているので買い替えの手間がかからず、非常に便利です。

LEDの性能を活かすには使用環境の選択が重要

LEDは非常に明るく、電気代もかからない照明機器です。維持コストを低く抑えることができるので家庭での使用に最適と言えますが、その一方で家庭での使用には不向きなケースもあります。LEDは長時間使い続けるのに適した作りなので、頻繁にスイッチを切り替えると大きな負担がかかります。照明機器としての性能が落ちてしまうので、トイレや浴室など滞在時間が短い部屋には適していません。また、LEDの光は拡散しにくいので吹き抜けの天井など高所への設置には便利ですが、広い部屋を照らす場合は複数を用意する必要があります。家庭用のLEDはある程度、光を拡散するように作られていますが、それでも電球や蛍光灯ほどではありません。

利便性が高く長持ちするLEDですが、性能の高さを活かすには使用環境を慎重に選ばなければいけません。場所によっては旧来の照明が良いこともあるので十分に注意します。

LEDライトパネルは、劣化のスピードが遅く、簡単なメンテナンスをすれば数年から十年以上にわたり使用することも可能です。

Related Posts

© 2021 Quick Stress Relief - All Rights Reserved.